昔々、私が20代前半ぐらいまでだったころ。
昔々ではないですね、ちょっと昔(笑)
ヒトとモノに感謝なんてこそばゆくて、とてもではないですが言うことができませんでした。
でも、今ならいうことができます。
もちろん年を取って普通に言える年齢になったということもあるのでしょう。
でも、本当にそれだけか?というとそんなこともないと思うんですね。
お酒飲んだせいなんだろうなぁと思うのです。
酔っぱらって涙もろくなったわけではありません。
実際にお酒の席で数多く助けていただいているんです。
酔っぱらいの介抱ではないですよ!?
腹を割って話すなんて言葉もありますが、私も飲むとたまに腹の中のものすべてを吐き出すことがありまして。
だめだな!と思うのですが、たまにやっちゃうのです。
それに嫌な顔一つせず受け止めてくれる人がいます。
一緒になって話に加わってくれる人がいます。

今回の例はわかりやすく悪い話でしたが、いい話だって共有できちゃう。
嬉しいことは倍になって、悲しいことは半分こ的なやつです。
他にも、詳細は内緒ですが、本当にお世話になっている人もいます。
こういうことがあると、次は自分の番だ!と思っちゃうんですね。
次の人にこういった気持ちを感じてほしい、そのために酒場に立つ気持ちもあります。
まだまだ若輩者で未熟者ですが・・・。