昨日生と火入れの話をしましたが、そもそも火入れってどうするの? 何の意味があるの?と思われる方もいらっしゃるのかな?と思い、今日は火入れの話をば。
まず、火入れの方法は、ガスバーナーで炙ったり、文字通り火を突っ込むわけではなく、いわゆる煮沸消毒が一般的なようです。
その目的として一番大きいのは火落ち菌をはじめとする雑菌の駆除です。
火落ち菌はいわゆる日本酒を腐らせる代表的な菌で、お酒が酢のようになったり、老ね香がでたり。

日本酒は菌で造られています。
皆さんがよく耳にする酵母や麹ももちろん菌です。
これらがないと日本酒は造れませんが、あったら困る菌もあり、それを加熱消毒するのです。
おいしいもの皆さんの元に、いろいろ考えられているようです!

さて、今回の記事を書いていて悩むこと数点、日本酒を飲みだしてしばらく経ちますが、知らないことはまだまだいろいろありそうです。