最近、でもないかな?若者のコンパに参加して驚いたことがあります。
私たちの世代では「とりあえずビール」が流行っていました。
ビールはいわゆる学生居酒屋だとカクテルと違い注ぐだけで済むので、それで注文をまとめると会の開始を早められるという特別な技(笑)でした。
安い居酒屋だとビールが1番美味しいアルコール飲料といった裏事情もありました。

で、今の若者のコンパでもビールだろうと。
そしたら「何飲む?」から始まり、「ウーロン茶」「カルピス」という声が・・・。
まさかノンアルコールのコンパとは(^o^;)
聞いてみたらアルコール飲料よりおいしい、翌日頭が痛くならないからいい、といった回答が。

確かにジュースっておいしいです、私も大好きです。
でもジュースとアルコール飲料の美味しさ、というか味わい方って全く違うと思うんです。
単体で美味しいのがジュース、その日の気分・料理・人と併せて美味しいのがアルコール飲料だと思います。

また、良いお酒は翌日に残らないというのが嘘だというのも知っています(笑)
良いお酒は味わって飲むので、量が至らないから残らないのです。
飲みすぎれば頭は痛くなります(経験談)。
でも、上に書いたように本当の飲み方を知れば美味しいので痛みも我慢できるのです!(違)

近年、お酒を飲むのがダサいといった風潮が出てきました。
上司からのお誘いに残業代を気にしたり、飲みニケーションをウザいと切り捨ててみたり。
でもね、飲みニケーションって大事なんですよ!
腹を割って他人と話ができるって素敵な経験です。
それを苦痛に感じるのであれば、それはあなたが腹を割っていないか、それとも相手が悪いかです。
飲み会に参加したらお酒を飲んで腹を割りましょう。
上司との会話が苦痛なら、上司以外と飲む機会を設けましょう。
上司の皆さん、飲み会の席でまで会社の愚痴や部下の失敗を責めること、出来ればたまには会社の話そのものをやめてみましょう。
それだけで心は寄り合うと思います。

お酒はコミュニケーションを作るための素敵なツールです。
「酒は飲んでも飲まれるな」といった標語がありましたが、ツールなんです、便利に使ってやろうじゃありませんか。

そして今夜も愛媛の地酒で乾杯!