ビールを頼むとき、きっと多くの人がお願いするのが生ビール。
じゃあ瓶ビールは?と訊かれると、実はこれも生なんです。
基本的に現在流通しているビールはすべて生のようで、瓶で提供される瓶ビール、缶で提供される缶ビールに対する言葉として生ビールという言葉が生き残っています。
本来であれば樽ビールとでも呼べばいいのかな?

では生ビールの「生」とは何なのか? そして日本酒は?
生とは生肉などと同じで火を通していないことを意味します。
ビールはその製造過程において酵母菌の除去を行っています。
これにより醗酵による味の変化を防いでいるのですね。
同時に雑菌を入れない技術も進んだため、生のままの販売が適っています。

日本酒に関しては生酒と表記されているものは当然ながら生です。
他に、製造後すぐに火を入れて出荷前には火を入れない生詰酒、生で貯蔵して出荷前に火を入れる生貯蔵酒、製造後と出荷前に火を入れる火入れ酒があります。
日本酒は酵素による味の変化も楽しみの一つなのでこのようになっているのですね。
ただ、火入れした日本酒も厳密に言えば醗酵が進むのだそう。
その点ビールってどうなっているのだろう?