日本酒は世界一造るのが難しいお酒だといわれています。
その理由の一つが並行複発酵によって造られるかららしいです。
並行複発酵とは、麹の働きによってデンプンがブドウ糖に変化する糖化と、ブドウ糖が酵母の働きによってアルコールに変化する発酵を一つのタンクで同時に行ってしまうというもの。
東アジアの一部のお酒だけで行われているらしいですね。
じゃあ、別のタンクで作れば楽なのでは?というご意見もあろうというもの。
それだと酵母が活動できなくなるのだとか。
美味しい日本酒がおいしい日本酒であるためには並行複発酵が必須条件なのですね。
(バラバラにやったら、そもそも日本酒と呼べないのでしょうけど)
じゃあ、洋酒は大丈夫なの?とか種々気になるところ。
まだまだ勉強不足、楽しみは広がります!