先日、一酒一感 蔵元屋で飲んでいた時の話です。
スタッフさんに向けての「辛口のお酒を教えてください」という観光客らしき声が聞こえてきました。
実はこれ、メニュー表に書いているんです。
日本酒度というのがそれに当たるのですが(正確には甘辛度とか酸度とか総合的に見ないといけないらしいのですが)、基本的にこの数値がプラスなら辛口、マイナスなら甘口になるのだそう。
水に対して日本酒(糖分が)重いか軽いかを示した数値で、糖分が多ければ甘いですよね、というお話。

愛媛県に来て、日本酒を飲んでみようという方も、わからない方、多いんですね。
こうして考えると、まだまだ日本酒はPR不足だなと感じます。
文字通り、日本の酒なのに。
以前少し書いたかもしれませんが、日本○○と呼ばれるものって実は案外少ないんです。
その中の一つが日本酒。
日本を代表する文化の一つです。
ぜひそういった部分も知って、味わってほしいものです!