古来より、酒は百薬の長と言われてきました。
では何にいいのか?と言われると、意外と最近まで語られてこなかったのかな、と思います。
最近は日本酒ブーム(というと言い過ぎでしょうか?)とネットの普及によって少しずつ広まっているようです。

私が最初にこの言葉を聞いたとき、ストレス解消?と漠然と思っていました。
もちろん、酔うという行為にはその効果があるのですが、それ以外にもたくさんの効能が。
人間内臓や血液、爪や髪の毛を作るものにタンパク質があります。
これら人体を造るタンパク質を構成するアミノ酸は20種類あるのですが、うち9種類は人間の体で作ることが出来ず、対外から取り込む必要があります。
日本酒にはこの9種類の必須アミノ酸と呼ばれるものがすべて含まれているのです!
体力増強、健康維持、さらには美肌効果まで!
健康志向の現代だからこそ飲んでほしいですね♪