近年酸度の高いお酒が増えてきました。
元々酸度の高いところとして私が認識していたのは秋田の新政酒造さんとかなのですが、愛媛県のお酒も増えてきましたね。
これは若者向けもしていいのでは?と思っていたのですが、先日東京の人から驚くべき話が。
曰く、
・愛媛のお酒は後切れが悪くべたつくものが多かった
・最近の愛媛のお酒は後切れの悪さを酸でごまかしている
・好きな愛媛のお酒は後切れの悪さを酸でごまかさないいいお酒だ
といった内容でした(少しニュアンスは違うかもしれませんが)。
東京銀座でおしゃれな居酒屋に勤められている方のお言葉、なるほど!と思いました。

これって書いたかどうか忘れたのですが、この物流の発達した現代、よそ様の真似ではいけないと思っています。
上に出たので書きますが、新政酒造さんのお酒がおいしいと思うのであれば、県内に似た味を求めなくても新政酒造さんのお酒を見つけて買えばいいのです。
その蔵だけの特徴がほしいな!と思ってます。
愛媛の蔵にはそれだけのポテンシャルがあるとも思っているのですが。
でも、確かに酸度の高いお酒は増えてきたのかな、と。

ただ、この考え自体ヲタクの発想なんですかね?
美味しいものが手に入りやすく飲みやすい。
これも重要なファクターだと思います。
はたして愛媛の地酒が欲しているのはディープなヲタクかライトユーザか。

私の考えは、ライトユーザを取り込み、ディープなヲタクに仕立てる、なんですけどね。