蔵元紹介

~「酒は料理の脇役であれ」優しさ感じる食中酒に注力~
創業は明治10年(1877年)。
江戸から明治に変わった激動の時代に産声をあげました。
もともとは、地元庄屋の蔵の鍵を預かる仕事から発祥し、酒造業へと転換していった成龍酒造。
力を合わせる「成」と天界と下界を行き来する高尚な「龍」という漢字を使用し、職人が力を合わせ、全ての人々に幸せをお届けできる蔵元になりたいとの想いから命名しました。
成龍酒造では「酒は料理の脇役であれ」をモットーに、地元の郷土料理をはじめ様々な食事を引き立てる酒造りを目指しています。
また、「酒は夢と心で造るもの」という理念を掲げ、工程の中に手作業を多く取り入れています。
お米は、地元の味わいをお酒に活かすべく松山三井やしずく媛を中心に地元産にこだわり、水は西日本最高峰の石鎚山からの伏流水(弱軟水)を使用し、全体的に飲み疲れしない優しさを感じるお酒に仕上げています。
また、成龍酒造では様々なイベントに積極的に参加。
消費者とのコミュニケーションを大切に、「顔が見える蔵元」を目指し、少ないスタッフで楽しみながら、各地を奔走しています。