概要

主に愛媛県内で造られる準酒造好適米。
昭和28年に愛媛県で育成され、松山の地名と交配親の「大分三井」から名前がついた品種であり、県の奨励品種となっている。
元々食用として栽培されたがコシヒカリなどの旨味のある米に押される形で、その粒の大きさから酒造りに使われるようになっていった。
酒米として根強い人気を誇っている。