蔵元紹介

~高縄山系「湧ヶ淵」の名水を使用した手造り志向の地酒~
飲む人、造る人、売る人、全ての人に栄光あれと願いを込めて命名された「栄光酒造」。
品質本位の手造り志向と伊予の地酒の誇りを胸に、これまで全国新酒鑑評会で最高位金賞を幾度となく受賞してきました。
「わが子を育てるがごとく」醸す確かな技と心、全てに納得のいく酒を造りたいという信念と一徹さが、栄光酒造の酒造りには生きています。
栄光酒造では、仕込み水に高縄山系の「湧ヶ淵」の名水を使用。
この水は日本酒の仕込み水として理想の成分含有率を誇ります。
また、米は最高級山田錦をはじめ、愛媛県産米の松山三井など、選りすぐった最良の酒米を使用しています。
こうした日本酒造りの技術を生かし、今、栄光酒造が力を入れているのが〝果実王国〟愛媛県産の果実をたっぷりと使用したリキュールの開発です。
ユズ、ニューサマーオレンジ、ゴールドキウイ、梅、みかん、ぶどうと幅広いラインナップを揃え、杜氏が仕上げた洗練された味が人気を博しています。