蔵元紹介

~大切にしているのは、人間の感性による酒造り~
蔵がある金田町金川はかつて梅林で有名な地であり、「梅錦山川」の蔵元名は、その梅の花に由来しています。1977年に発行された「ほんものの日本酒選び(稲垣真美著)」にて紹介され、さらに雑誌「特選街(1980年発行)」の日本酒ランキング特集で上位を独占するなど全国誌への掲載がきっかけで、その名が広がりました。
法皇山系の豊かな伏流水を使用した梅錦山川の酒造りは「人間の感性」を最も大切にします。例えば、1987年以降、原料処理工場を皮切りに全ての施設の近代化を進めてきましたが、これも、作業の効率化だけでなく、味の決定権を持つ杜氏が、その仕事に集中できる環境をつくるためです。手で触れ、鼻で嗅ぎ、口で噛んで見分けるなど、杜氏の長年培ってきた経験と、とぎ澄まされた五感を大切にしてます。さらに梅錦山川では、これまで培った酒造りのノウハウを活かし、現在、健康食品の開発にも取り組んでいます。例えば「特上酒粕」もその一つ。たんぱく質・ビタミン類・食物繊維など各種酵素を豊富に含み、血圧低下や美肌・美白など、様々な効果があると注目を浴びています。