蔵元紹介

~日本酒の原点を見つめ、その技を未来へと受け継ぐ~
明治37年(1904年)に創業。創業者の武田近平氏は仲買業と萬屋(よろずや)を兼務する傍ら、自らが嗜むお酒は自らが造ろうと思い立ち、創業しました。
昭和27年に武田酒造株式会社に改名し、現在に至ります。
武田酒造では「安心と人の五感が満たされる酒造り」を大切に、時代による嗜好の変化を敏感に感じつつ、お米や酵母、製造技術にこだわり、特に酒造りの原点ともいえる水を大切にしています。
熟練した技でどこまでも基本に忠実に日本酒と向き合い、特に近年は、山廃仕込みの純米吟醸、袋搾りの無濾過商品に取り組むなど、希少価値の高い商品の提供に力を入れています。