蔵元紹介

~家族で和気あいあいと造る“めでたき”酒~
酒銘である「寿喜心(すきごころ)」は初代の首藤重助が命名したもので、「めでたき場で大いに酒を酌み交わしてもらいたい」との願いが込められています。
西日本最高峰の石鎚山の麓に蔵を構える首藤酒造では、水は石鎚山から湧き出る蔵の井戸水を使用。
また、杜氏を雇わずに家族だけで丁寧に仕込み、大きな機械を使用せず、一つひとつの仕込みの規模を小さくし、皆の目が行き届くように配慮しています。
丁寧で正直な酒造りを信条とし、和気あいあいとした雰囲気のなかにも、一切の妥協を許しません。
現在、原料の米は地元産を中心に、主に西日本の米を使用しています。
今後は、様々な産地の米を使用し、季節限定、本数限定のプレミアム商品に取り組んでいきたいと考えています。