Vol.12 『システムのようなもの』